話したことない好きな女子に話しかける【同クラスと他クラス】

同じクラスや他のクラスに、まだ、話したことない好きな女子に、話しかけるには、どうしたらいいか?中学生、高校生、大学生、専門学生など、学生が使えるネタをご紹介していきますよ!

 

また、好きな女子と近づくための話しかけ方や話しかける前の心構え、必ずおさえておかないといけないことなど、嫌われないようにするためのポイントなどもお伝えします。

 

 

話したことない同じクラスや他クラスの女子に話しかける方法

 

同じクラスや他のクラスに好きな女子がいるけれど、まだ話したことがない。なんとか話しかけて仲良く話せるようになりたいけれど、何を話していいのかわからなくて、ドキドキしてしまう男子も多いです。

 

そんなシャイな男子のために、好きな女性へのアプローチする方法を伝授しますよ!まずは、きっかけ作りの基礎知識も読んでみてくださいね。

 

きっかけ作りの恋愛基礎知識⇒好きな人と話したい!話したことない人に話しかけるきっかけ

 

好きな女子と同じ委員会や部活、サークルに入る

 

好きな女子に話しかける一番の方法は、同じ委員会や部活、サークルに入るということです。同じ委員会や部活、サークルに入ることで、好きな女子との接点は自然と多くなります。

 

話しかけるチャンスやきっかけも必然的に多くなりますし、何より一緒に過ごす時間と共有できることが増えますので、仲良くなりやすいです。

 

もうすでに委員会や部活、サークルが決まってしまっていて異動が難しい場合は、文化祭や学校行事のイベントなどで、同じ係や当番、大学生であれば、同じ授業を選択してするなど、一緒に過ごせる活動がないか?を探してみましょう。

 

好きな女子の委員会や部活動、サークル活動について聞いてみる

 

好きな女子と同じ委員会や部活動、サークルでなくても、その活動について興味があるフリをして、聞いてみるというきっかけも使えます。

 

例えば、「テニス部って面白い?」「生徒会って、いつも何してるん?」「吹奏楽部って、意外と体力使うって本当?」など、実際に活動していることについてですから、女子の方も応えやすいです。

 

共通の友達を見つける

 

男子でも女子でもどちらでもよいのですが、好きな女子と共通の友達を見つけておけば、共通の友達を通して話しかけることができます。

 

さらに共通の友達と何人かのグループで遊びにいくこともできるので、自然と仲良くなることができてしまいます。グループ交際というのは、恋愛に発展もしやすいのでオススメです。

 

授業の内容を教えてもらう

 

好きな人と話したい!話したことない人に話しかけるきっかけ】でも、取り上げていますが、何かを教えてもらうというネタは、話したことない女子に話しかけるネタとしては、とても有効なきっかけです。

 

もし、同じ授業を受けているなら、授業の内容を教えてもらうというきっかけもオススメです。例えば、「さっきの授業、先生何て言ってたっけ?」など、授業をネタにして、話しかけるという方法です。

 

さらに、「この先生の授業って、進むスピード早くない?」「この授業の先生って面白いよね」など、共通の話題で、会話が続けやすいというのもメリットです。

 

また、他のクラスの女子であっても、「数学の授業ってそっちのクラス、今どの辺?」「へぇー、そうなんだ。なんかそっちだけ授業進むの早くね?こっちは、まだそこまでやってないよ」など、工夫次第で他クラスの女子にも話しかけることはできてしまいます。

 

他にも、先生が授業中に言っていた雑談やネタを聞いてみたりして、「そっちのクラスでも同じネタ言ってるんだ(笑)」やテスト範囲を教えてもらったり、他クラスでも共通の話題になりやすいことがメリットです。

 

文房具類を借りる

 

何かを借りるというネタも、有効なきっかけの一つです。特にとなりの席だったり、近い席に好きな女子がいる場合には、オススメのきっかけ作りです。

 

例えば、「ノート写しきれなかったから、見せてくれない?」「ノートありがとう!ってか字キレイだね」とか、消しゴムであれば「何コレ?かわいいやん!どこで買ったん?」など、借りたものに対しての印象を伝えると、さらに有効です。

 

小さいお願いごとをしてみる

 

小さいお願いごとをしてみるというのも、恋愛に発展させやすいきっかけの一つです。ここでのお願いごとは、誰でもできてしまうちょっとした頼み事です。

 

例えば、「ごめん、そこのペン取って!」や、わざと消しゴムやペンなどを女子の近くに落として「ごめん拾ってもらってもいい?」「忘れものしたから、貸して」「今日の時間割り教えて」とか、誰でもすぐできる頼み事です。

 

この小さなお願いごとをさりげなく積み重ねていけると、お願いごとをされた相手に好意を持つようになります。これは、心理的に「お願いごとを聞いてしまうのは好きだから」とだんだん思い込んでいくのです。

 

ストレートに気になる男子がいるか聞いてみる

 

あなたに少し勇気を出してもらわないといけませんが、気になる男子がいるかどうか?を聞くのも、意外と使えます。ですが、ここでの重要ポイントは、女子の好意に期待しないことです。

 

例えば、「○○(女子の名前)って、かわいいって男子から言われてるけど、○○は気になる男子とかいるの?」⇒「いるよ。●●君(あなた以外の男子)がカッコいい!」と言われたときに、ショックを受けてはなりません(笑)

 

こういうときは「そうなんだ。○○のこと気になるヤツいたんだけど、諦めるように言っとくわ(笑)」と、平然と笑い話にしておいてから、「どんなところがかっこいいん?」のように話を進めると、女子がどういう男子に好意を抱きやすいかわかります。

 

あくまで「他の男子が気になってるって言ってたから、オレが代わりに堂々と聞いてやっているんだ」というフリをできるかどうかです。初めて話しかけるきっかけの段階で、あなたに好意があるように見せてはいけません。

 

少し勇気を出さないといけませんが、女子は恋愛話がとても大好物なので、会話は絶対に盛り上がります。さらに女子の好みが聞き出せてしまうので、女子との恋愛話は強くオススメします。

 

あなたの好きな女子が他の男子に恋心を抱いていたとしても大丈夫です。最初はショックを受けてしまうでしょうが、諦めずに少しだけ我慢!好きな女子の恋愛相談にのってあげるという流れにもっていけばよいです。

 

「恋愛相談しているうちに、相談相手を好きになってしまった」というパターンは、恋愛で非常に多いパターンです。好きな女子と恋愛話ができるような関係に持ち込むことができれば、他の男子と圧倒的な差をつけることができます。

 

好きな女子に初めて話しかけるときに重要なポイント

 

誰でも好きな人に、初めて話しかけるときというのは、緊張しますし勇気が必要です。無視されたらどうしよう?変な風に思われたらどうしよう?うまく話ができなかったらどうしよう?と不安は山ほどあるものです。

 

ですが、会話をする最初のきっかけを突破することさえできれば、あとは意外といつでも会話できる関係になります。ぶっちゃけ、あなたが自然に話しかけることが出来る内容であれば、きっかけは何でもいいのです。

 

それよりも、もっと気を付けておかなければならないポイントがあります。そのポイントとは、しっかり第一印象を整えておくこと。第一印象を整えておくことは、話す内容よりも重要で大事なことです。

 

第一印象が悪ければ、どんなに上手な話しかけ方をしても、話しかけられること自体「キモイんだけど」と思われてしまいます。それぐらい恋愛を左右する要素です。

 

逆に、女子の方があなたのことを好きであれば、何を話しかけても喜んでくれるのです。好きな女子からどういう印象を持たれているか?がポイントなのです。

 

⇒好きな人へ猛アタックする前に!第一印象を劇的に変える方法

 

好きな女子への話しかけ方

 

好きな女子への話しかけ方ですが、基本的に明るく元気に声を張って、ゆっくり話しかけてください。決してボソボソと何を言っているのかわからないような喋り方や早口になり過ぎないように。

 

初めて声をかけるときというのは、勢いとリズムが大事です。女子にいざ話しかけたときに「えっ?なんて?」と聞き返されてしまうと、勢いもリズムも崩れてしまいグダグダになりがちです。

 

あと、少し低めの声を意識してみると、色気のある男っぽさが出てドキッとしてくれる女子もいます。あと、表情も固くならないように。逆にヘラヘラし過ぎてもダメです。

 

あなたが社交的であまり人見知りしないタイプであれば、話しかける内容に合わせて表情を使い分けたり、タイミング良くジェスチャーなど織り交ぜていくと、女子の方もあなたの話に引き込まれやすいです。

 

どうしても話すだけで精一杯でというのであれば、口角を上げて、少しだけ微笑んでいるぐらいの表情で話しかけることを意識してみましょう。

 

好きな女子に話しかける前に、あなたの声を録音して聞いてみたり、話している姿を動画で撮影してみたりして、自分の姿や声を客観的に観察してみてください。

 

自分の声や話し方を自分で聞く機会も少ないと思いますし、最初は違和感があるでしょう。ですが、その姿や声がいつも周りの人から見られているあなた自身の姿や声や話し方なのです。

 

話し方が上手い芸能人やアナウンサーなどのような、人前に出る仕事をしている人は、みんな自分の話し方や姿を、客観的にチェックして練習しています。

 

極端に違うキャラクターになるようなことはしなくても大丈夫ですが、ぜひ録音や録画しながら練習してみてください。いざ話しかける本番で違いがでてきますよ。

 

好きな女子に話しかける前の心構え3つ

 

好きな女子に話しかける前の心構えとして、「焦らない」「期待しない」「重たくならない」の3つが大事です。好きな女子に話しかけるわけですから、ドキドキと不安が入り混じっていることでしょう。

 

ですが、あまりにも好きという気持ちが強すぎると、あまり良い結果が出ません。好きという気持ちが全面に出てしまうと、焦り過ぎたり、期待し過ぎたり、重くなり過ぎてしまいます。

 

焦り過ぎると会話をするタイミングを間違ってしまったりなど、「今それ必要ある?」と、空気を読めないヤツになります。特に同じ学校で、一度キモイ男子の烙印を押されてしまうと、暗黒の学生生活を送ることになります。

 

また、期待し過ぎると、好きな女子と思った通りの会話にならなかった場合、ガッカリし過ぎたり、好きな女子の前で、良くない表情や態度になってしまったりします。

 

さらに、勇気をふりしぼり、意を決したかように話しかけてしまうと、重たくなってしまい、不自然な喋り方になってしまったり、怖いと思われ引かれてしまったり、避けられてしまう可能性もあります。

 

好きになり過ぎると、冷静でいられなくなるので、せっかくのチャンスをつぶしてしまうことって、よくあるんです。片思い中の恋愛というのは、「なんでこんなに頑張っているのに、振り向いてくれないんだ」という感情との戦いなんです。

 

どうしても「女子に○○して欲しい」という気持ちが芽生えがちですが、何も求めないでください。好きな女子をゲットすることが、あなたの最終目標であるのならば、【無償で与え続けること】

 

すなわち、【余裕のある男】であり続けることが重要です。じゃあ、そのような【余裕のある男】になるには、どうしたらよいか?というと、【好きな女子一人に絞らず他の女子とも仲良くしていく】ということをしていってください。

 

好きでもなんでもない他の女子であれば、緊張せずに普通に話ができますよね?練習のつもりで、いろんな女子と話をすることで、男子との違いや傾向、価値観がわかってきます。相談したり、協力してもらったりもできます。

 

女子の気持ちがわかってくると、どうすれば好意を持ってもらいやすいか?ということが、なんとなくわかってくるので、自然と女子から人気のある男子になりやすいです。

 

女子に人気のある男子から話しかけられて、嬉しくない女子はいません。もし好きな女子から冷たい態度を取られたときでも、「まあ、女子はコイツだけじゃないし」と余裕を持つこともできるのです。

ページの先頭へ戻る