好きな人に告白するタイミング【成功率を高める告白の極意】

告白でもっとも大事なことは、告白するタイミングです。好きな人に告白したいと考えてはいるものの、いつどうやって告白するのが一番良いのか?

 

この告白のタイミングを間違えてしまうと、成功するどころか、せっかく仲の良かった女性にも引かれてしまいかねないのです。告白はやり方やタイミングを間違わなければ成功率が高まります。

 

そして、告白を成功させるには、女性からの脈ありサインを見抜くことも重要。この脈ありサインを見逃さずに、告白して成功率を高める【告白の極意】をお伝えしていきます。

 

 

好きな女性へ告白するタイミング

 

片思い中の好きな女性に告白をするとき、もっとも重要なのは告白するタイミングです。タイミングにもいろいろあります。時期的なタイミングや二人の関係性の進展具合、シチュエーションや女性の状況などです。

 

これらのことを踏まえて、もっとも成功率が高くなる告白のタイミングをうかがっていきます。ですが、その前にものすごく大事で重要なことをお伝えしておきます。

 

好きな女性への告白を成功させるために、もっとも重要なこと

 

あなたが片思い中の女性に告白をする前に、まず覚えておいてもらいたいことが【告白されて好きになるわけではない】ということです。

 

そもそも告白とは、お互いの好意の確認作業でしかありません。ですから、告白が成功するというのは、もともとあなたに女性が好意を持っているときなのです。

 

片思いの女性を口説いて、好きにさせていくわけですが、好きにさせていくことができるのは、女性を口説いているときなのです。告白をされて好きになるわけではないのです。

 

告白して付き合うという流れが一般的ではあるのですが、どうやって告白したら付き合ってもらえるのか?どのシチュエーションで告白すると成功しやすいか?など、その部分ばかりにこだわっても意味がないのです。

 

告白をする前に、どうやって好意を上手に伝えていくのか?どうやってデートをするのか?どうやって好きにさせていくのか?これらのことのほうが重要です。

 

告白と好意を伝えるの違い

 

「告白する」と「好意を伝える」というのは、似ているようで違います。告白というのは、あなたが好きな女性に「好きだ!」と伝え、女性に白黒ハッキリさせる行動です。

 

「好意を伝える」というのは、好きな女性に文字通り好意を伝えていく行動なのですが、女性には結果を求めていません。女性は返事をしなくても良いのです。

 

ここに大きな違いがあるのです。よく告白して失敗する人は、好きな女性に対して告白することを目標としてしまっています。告白すること自体は悪くありません。

 

ですが、目標とするのは、あなたが片思いしている好きな女性と付き合うことです。告白しても断られないようにするために、告白する前の段階で、あなたのことを好きにさせておくことが重要なのです。

 

このことを前提にしておかないと、好きな女性に告白しても、成功率は低くなります。告白前に女性の好意をどれだけ上げておけるか?が告白の成功率を高める極意なのです。

 

好きな女性に告白をする最適な時期は?

 

さて、これまでの告白に対する概念を踏まえた上で、いつ告白するのがもっとも最適なのか?を考えていきましょう。まず時期的なタイミングですが、出会ってから1〜3か月ぐらいが最適です。

 

なぜ出会ってから1〜3か月ぐらいが最適なのか?もちろん、あなたがある程度、【女性から好意を持ってもらっている前提】ということを忘れないでください。そこを踏まえた上での1〜3か月ぐらいです。

 

女性は本能的に出産を意識するので、出産時期のリミットを無意識に感じており、恋愛対象になる男性かどうか?というのを早めに判断したいのです。

 

出会ってから3か月以上も、あなたからなんのアクションもないというのは、女性が「私には興味ないのかな」と、あなたを恋愛対象から外してしまうのです。

 

ほとんどの女性が、結婚して出産するというのを意識しています。ですから、告白の成功率を上げたい場合は、出会ってから1〜3か月ぐらいを一つの目安にしておきましょう。

 

ただ、女性側にあまりその気がなさそうだったり、あなたへの好意をまだ感じられないのであれば、まだ、告白のタイミングではありません。まずは、女性のあなたへの好意を上げていくことに専念しましょう。

 

ただ長い期間を一緒に過ごせば、告白の成功率が高くなるわけではありません。あまりにも長い期間何もないまま過ごしてしまうと、告白するタイミングを失ってしまいます。

 

告白するタイミングを失った状態で、ダラダラと一緒に過ごしてしまうと「ただの男友達の一人」という関係になりがちなので、しっかり好意を上げていく行動をしていき、恋愛対象になりえる男として意識させておきましょう。

 

好きな女性に告白するのは何回目のデートがいい?

 

次にデート回数での目安ですが、基本的には3回目がオススメです。まず、初デートでの告白はあまりオススメできません。よほど最初から女性があなたのことを好きでない限り成功しません。

 

初デートで告白するのは、すでに女性があなたのことを好きで、好きだからデートしたという前提のみです。初デートではお互いのことを恋愛対象としてアリか?ナシ?の確認をするのが目的です。

 

初デートでは、マイナスになるような言動をしたりして、女性に減点をされないようにすることが重要です。2回目のデートで、好意が徐々に上がり始め、好感を持ち始めます。

 

最後3回目のデートで、女性の好意が上がっていて、「私のことどう思っているの?」という感じで、あなたの気持ちを知りたくなっていれば、告白の成功率は高いです。

 

女性との関係性にもよりますが、3回目以降のデートで、告白も何もせず、ダラダラと何回も何もないデートだけを繰り返していると、女性の気持ちは冷めていきます。

 

告白に最適な時間帯は?

 

告白が成功しやすい時間帯というのも覚えておいてください。何も考えずに、太陽がギラギラしている真昼間から告白しても、女性側もそんな気分じゃないと断ってきます。

 

女性は感情や雰囲気などを大事にしており、気持ちも左右されやすいです。だから、その気になりやすい時間帯を狙い告白するのです。その時間帯が夕方〜夜にかけて。

 

これにはしっかりとした根拠があって、夕方から夜にかけては、脳が疲れているため判断力も鈍り、感情や欲を満たすことに流されがちなので、説得される確率が上がるのです。

 

ビジネスでの交渉や商談などでは、もはや有名なセオリーとなっています。また、日が沈み暗くなっていくことで緊張もほぐれて、告白しやすい雰囲気にもなります。

 

夜景などロマンチックな場所での告白であれば、かなり成功確率は高くなります。また、天気は晴れの日のほうが説得されやすく、雨の日のほうが説得されにくいというデータもあります。

 

女性の状況に応じて告白のタイミングは変わる

 

告白にはタイミングがとても大事なのですが、最適なタイミングは女性の置かれている状況によっても変わります。ここで気を付けるべきなのは、独りよがりにならないようにすることです。

 

好きな女性に告白するとき、ほとんどの男性が熱くなり過ぎてしまい、自分が告白することばかり考えがちです。しかし、女性にも都合というものがあります。

 

あなたに対して好感を持っているけれど、「今は付き合うとかは考えれれない」というタイミングもあります。自分の気持ちを伝えることばかり考えてはいけません。まずは、女性の状況を確認しておきましょう。

 

彼氏がいるかどうかを確認しておく

 

まず、彼氏の有無を確認しておきましょう。彼氏とのお付き合いの度合いで、告白してもタイミングが悪い時もあれば、良い時もあります。付き合って間もない状況であれば、告白しても成功する確率は低いです。

 

もし、彼氏がいるという話を女性があなたにしているのであれば、相談役になりながら女性の状況を把握しておき、告白できそうなタイミングが訪れるのを待ちましょう。

 

ただ、彼氏持ちの女性に、彼氏がいるかどうかを直接聞いてしまうと、自分のことを軽い女だと思われたくないので、あなたに好意があっても距離を置かれる場合もあります。

 

理想的なのは、彼氏がいることを女性があなたには言っていないけれど、実は知っているという状態がベストです。別れそうな状況になれば、もしかしたら告白をきっかけに、スッパリ別れてくれるかもしれません。

 

告白の成功率が高い女性の脈ありサインを見逃さない

 

告白の成功率を上げるポイントは、なんといっても女性が脈ありサインを出しているときです。しかし、この脈ありサインは、女性によってさまざまですので、男性側が勘違いしてしまいやすいものも沢山あります。

 

例えば、代表的な脈ありサインとして勘違いされやすいのが、女性からのボディータッチ。女性からボディータッチされると、どうしてもドキッとしてしまい、女性のことを意識してしまう男性は多いです。

 

「もしかして俺のこと好きなんじゃないのか?」と考えてしまいがちですが、ボディータッチは、女性によっては平気で誰にでもするという女性もいます。特に寂しがり屋な女性は誰にでも近づく傾向があります。

 

もちろん嫌いな男性に近づいてのボディータッチは、さすがにないでしょうが、友達感覚でボディータッチしてくる女性は少なくありません。逆に男として意識されていない場合も少なくありません。

 

こういった脈ありサインぽいものに惑わされず、脈ありかどうか?を見極める有効な手段があります。それは、女性からのアクションではなく、あなたからのアクションでの反応はどうなのか?です。

 

例えば、あなたが好きな女性に近づいてボディータッチをしたときの反応はどうなのか?女性によって様々な反応をしますが、あきらかに避けられた、嫌がるようであれば脈はないので、まだ告白するタイミグではありません。

 

あなたからのアクションには、女性は感情を誤魔化しにくいのです。あなたから女性に何かしらのアクションを起こしたときに、女性がまんざらでもないようであれば、脈ありかもしれません。

 

告白の成功率を高めるシチュエーション

 

告白というのは、【女性にある程度好意があるという前提で告白をする】のですが、女性は意外とあれこれ考えたり、迷ったりするのも好きだったりします。そして女性は感情を大事にします。

 

雰囲気やシチュエーションで感情や気持ちが変わりやすいので、【女性の盛り上がった感情が冷める前のタイミングに告白する】のが、成功させる秘訣です。

 

恋愛というのは、付き合うか付き合わないかの瀬戸際が、一番感情が高ぶり、気持ちも盛り上がります。そのドキドキをもう少し感じていたいばかりに、好意があるにも関わらず、もったいぶる女性もいます。

 

もったいぶり続けた挙句、いつの間にか気持ちが冷めてしまい、せっかく告白しても「やっぱりごめんなさい」と、断られることもあります。これが告白はタイミングが重要と言われている理由の一つでもあります。

 

ですから、女性ができるだけOKしやすい、思わずOKしてしまうようなシチュエーションで告白するのがよいです。では、告白するタイミングでは、どのようなシチュエーションが向いているのでしょうか?

 

デートした帰り道で告白する

 

二人で楽しくデートした帰り道の告白はオススメです。デートの帰り道というのは、もう少し一緒にいたいなという気持ちになりやすいので、告白してもOKがもらいやすいタイミングです。

 

一番盛り上がっているピークのときなど、もう少し一緒にいたくなるような雰囲気のときに、あなたから「そろそろ帰ろうか」という流れを作り、女性にこのまま帰るのは名残惜しいと思わせておくことがポイントです。

 

深いスキンシップが出来たときに告白する

 

キスやハグなど、女性が深いスキンシップを受入れはじめたとき、または女性から手を繋いできたりするときは、あなたとの関係もまんざらでもないと感じているので、告白でOKをもらいやすいタイミングです。

 

こういう深いスキンシップをするときに、女性から「私たちってどういう関係?」と、女性のほうから二人の関係性を聞いてくる流れを作ることができればベスト!

 

すでに女性のほうが告白を求めているので、これ以上ない告白のベストタイミングです。ただ告白させておいて、それで満足してしまう女性も少なからず存在します。

 

こういう女性には直球過ぎるセリフではなく、告白する言葉を慎重に選びながら、上手に女性のYESを引き出せるように誘導してあげてください。

 

イベントや誕生日に告白する

 

女性の誕生日やクリスマスなど、恋人同士が一緒に過ごすような日に会えるような仲になっているのであれば、その日に告白してもOKがもらいやすいタイミングです。

 

こういう恋人同士が一緒に過ごすようなイベントが絡む日に、一緒に過ごせる女性への告白は、お互い気分も盛り上がっていて成功しやすく、告白のタイミングとしては代表的なものの一つです。

 

告白を成功させる究極の極意

 

告白を成功させる究極の極意とは、女性に告白を求めさせることです。これが告白のタイミングとして一番ベストであり、失敗する可能性がもっとも低いタイミングです。

 

そのためには、告白するまでに女性の好意を上げておく必要があります。好きな女性を口説くときに告白するというのは、それほど重要なことではありません。

 

告白するよりも、どうやってデートを重ねていくか?どうやって好意を上手に伝えていくか?のほうが大事なのです。ぶっちゃけ告白の仕方が下手くそでも、好きな女性と付き合うことはできます。

 

意外と不器用な告白のほうが、あとで良い思い出になりやすいです。ですが、デートのやり方、好意の伝え方を間違えてしまうと、好きな女性と付き合えるどころか、音信不通になってしまいかねません。

 

モテる男性ほど、告白のことなど、ほとんど考えていません。狙っている女性が自分に惚れてくれれば、告白なんてしてもしなくても、どっちでもいいのです。

 

好きな女性に気持ちを伝えることは、とても気持ちが良いものです。その気持ちを抑えきれず焦って告白してしまうと、女性側の状況を考えないまま告白することになるので、女性を困らせてしまうことになります。

 

心の準備もしていないのに、恋愛対象になるかどうかもわからない男性から、いきなり「あなたのことが好きです!」と、伝えられただけでOKするほど、私は軽い女じゃない!と思われて撃沈確定です。

 

【あなたへの好意がまだわからない状態】のときでも、いきなり告白されてしまうと、返事をしなくてはならなくなります。もちろん、まだ好きではないのですから「ごめんなさい。私は好きじゃない」という返事になります。

 

狙っている女性を上手に口説く男性というのは、デートに誘ったり、女性が喜ぶことを考えたりして「もしかしたら、オマエのこと好きかもよ」という風に、遠回しに徐々に伝えていきます。

 

告白をしなくても女性を口説き落とせる男性というのは、思わせぶりな態度が上手いのです。だから女性側も「この男は、私のことどう思っているんだろう?」と、だんだん気になってくるのです。

 

女性は1回の真剣な告白よりも、何度も冗談を交えながら、徐々に好意を伝えられるほうが重くならず、いつのまにか好きになっていたとなりやすいのです。

 

メールやLINEではなく、会っているときだけ冗談を交えながら思わせぶりな態度をしてくるので、女性は困惑するのです。そして、あなたと会っていないときでも、あなたのことを考え始めます。

 

あなたといないときに、あなたのことばかり考えている自分に気づき、「もしかしたら、あの人のこと好きなのかな?」ここまでいくと、女性の感情は止めたくても止まらなくなるものです。

 

【あなたと会っていないときに、あなたのことを考えさせる】というイメージで、好きな女性をどんどんあなたにハマっていく状態にさせることができるかどうか?

 

【重くならないように、冗談を交えながら、思わせぶりな態度で好意を徐々に伝える】そして、【女性から告白を求めさせるような流れにしておく】これこそが、告白の成功率を高めるベストタイミングを生み出す究極の極意なのです。

ページの先頭へ戻る