好きな女性から惚れられる!好かれていない状態からの逆転術

好きな女性から惚れられるには、何が必要か?好かれていない状態から逆転して、好きな女性から惚れられるにはどうすればいいのか?

 

好きな女性との会話や恋愛のやり方が良くないと、結局、振られたり、無視されたりするだけです。せっかく好きだと思える女性と出会えたのに、デート代や、それまでにかけた時間も無駄になってしまいます。

 

何より、口説いたり、告白したりして、真剣に一生懸命女性へ好意を伝えたとしても、振られてしまうと、精神的なショックやストレスを味わうことになります。

 

振られてしまったことによって自尊心を失ってしまったり、好きだった女性のことが頭から離れず、一日中考えてしまったりして、何もやる気にならなくなったりすることもあります。

 

振られ方によっては、失恋のショックからなかなか立ち直れず、何年も胸を痛め続け、病気みたいになってしまうときもあるぐらいです。失恋というのは、本当に辛いのです。

 

せっかく好きだと思える女性と出会えたのに、そのような苦しい思いをしてしまい、一度きりの人生を無駄にしてしまわないよう、これからお伝えする内容をしっかりと頭に叩き込んで頂きたいと思います。

 

恋愛スキルを学ぶということは、コミュニケーションスキルを身に着けることと同じなので、恋愛以外でも、きっとお役に立てると思います。

 

私自身も恋愛ではかなり辛い思いをしてきた一人です。もう何年も失恋の辛さから抜け出せない時期も正直ありました。ですが、いくつもの成功体験や大きな失恋から学んだことがたくさんあります。

 

あなたが好きな女性から惚れられるには、マメさや熱意などは、あまり関係ありません。好かれていない状態から逆転してどうやって惚れさせるのか?とても大事な4つのことをお伝えしていきます。

 

 

好かれていない状態からの逆転術

 

好かれていない状態から、好きな女性に惚れられるようになるには、戦略的にアプローチを仕掛けていかねばなりません。スポーツでもビジネスでも戦略が大事です。

 

そして戦略を立てて行動していくということは、恋愛では特に大事なことです。恋愛はほとんどの人が、感情まかせに動いてしまうのですが、戦略を持って挑むことが極めて重要であり、結果を左右します。

 

一般的なモテる男というのは、主に2つの戦略を持っているのですが、2つの戦略のうち、どちらの戦略で好きな女性を惚れさせるのか?を決めておかねばなりません。

 

この2つの戦略は、あなたが好きな女性に与えている印象や、あなたの年齢、女性のタイプによっても、どちらの戦略でいくか?を選ばなければなりません。

 

なぜなら、この2つの戦略のうち、どちらを選ぶかによって、好きな女性に対してのアプローチの方法が、まったく違ってくるからです。

 

好きな女性から第一印象で気に入られるようにする戦略

 

好きな女性から第一印象で気に入られるようにする戦略とは、まさしく第一印象で好印象を与えていき、あなたが女性から恋愛対象としてありと思わせる戦略です。

 

第一印象で好印象を与えた上で、好きな女性を楽しませ、女性の警戒心を解き安心させて、女性にあなたの好意を伝えていくようなアプローチをして、女性からも好意を持ってもらうという戦略です。

 

この戦略は第一印象で好感を与えることが重要なので、あなたの容姿など外見的要素が大きく影響してきます。ただ、イケメンでなければいけないということではありません。

 

第一印象で好感を与える要素は、いろいろありますし、最低限の身だしなみや清潔感は、容姿やルックスに関係なく必要です。あなたが例えイケメンでなく、ブサイクだったとしても、第一印象を限界まで引き上げることは可能です。

 

詳しくはコチラをご覧ください⇒好きな人へ猛アタックする前に!第一印象を劇的に変える方法

 

ただ、第一印象で勝負する戦略の弱点は、あなたと同じぐらいの外見レベルの女性に対しては有効なのですが、ちょっと高嶺の花レベルの女性には通用しない可能性があります。

 

また、彼氏や好きな男がいる女性の場合や、外見だけで男を選ばないような女性に対しても、通用しない可能性があります。

 

第一印象で好感を与えていることが重要なので、もし第一印象が好印象でない場合、アプローチをすればするほど、女性の好感度は下がっていき、引かれてしまうことになります。

 

第一印象で気に入られていなくても惚れさせる戦略

 

第一印象で気に入られていなくても惚れさせる戦略とは、たとえあなたに外見的な魅力が少なく、第一印象で恋愛対象になれなかったとしても、アプローチを続けて好きになってもらう戦略です。

 

また、あなたの好きな女性に彼氏や好きな男がいても、対応できる戦略です。こちらの戦略こそが、好かれていない状態から逆転させて、好きな女性から惚れられる戦略なのです。

 

あなたが好きになるような女性ですから、かわいいでしょうし、他の男からも人気があり競争率も高く、すでに付き合っている彼氏がいる女性も多いです。

 

また、私のように年齢を重ねており、40代、50代ともなれば、好きな女性と年が離れすぎているという理由だけで、恋愛対象外となることが多いです。

 

特に20代以下の女性の中には、30代の男性でも恋愛対象外というぐらい厳しい現実があります。ですが、こちらの戦略であれば、年の差恋愛にも対応できます。

 

好かれていない状態から逆転してどうやって惚れさせるのか?

 

第一印象で好印象を与えることができず、好きな女性に好かれていない状態から、どうやって逆転させて惚れさせるのか?この戦略には4つのステップがあります。

 

第一印象に依存しない女性から好かれる会話をする

女性から好かれる会話とは、天気の話やおいしい御飯屋さんの話や映画の話ではありません。女性とただ会話をしていれば好かれるということでもありません。

 

意味のない、会話をただ重ねるだけの会話や、意味のないLINEをしてしまうと、惚れてもらうどころか、逆に女性からの好意を下げてしまうことになります。

 

当然ながら、普通の会話をしているだけで、女性があなたのことを好きになるなら苦労なんてしないわけです。それこそ普通の会話だけで、好きになってもらえるなら、学校や職場はカップルだらけになってしまいます。

 

普通の会話と女性を惚れさせる会話というのは、全く違う会話になります。さらに重要なポイントが、まだ好かれていない状態での会話では、本能レベルで惚れさせるアプローチも行いません。

 

この段階では、あなたの印象がどんなに悪くても、女性が間違いなく楽しかったと感じてくれる会話を仕掛けていくことなのです。誰と会話をしていても楽しいと感じる話題で会話をするのです。

 

まだ好かれていない状態の段階で重要なことは、女性が本能レベルで好きになってしまうアプローチではなく、誰と会話していても楽しい話題で会話する。これは、告白して振られてしまったり、復縁をするときでも同じことです。

 

あなたが好きな女性に好かれていない状態から逆転するには、「この男と会話するだけならすごく楽しいかも」と思ってもらう話題で、会話をできるかどうか?が重要なのです。

 

さらにもう一つ重要なことが、この段階であなたとの会話を楽しんでいるだけの女性が、あなたに好意を持っていると勘違いしないこと。あくまで女性は会話をすることを楽しんでいるだけです。

 

この段階でモテない男は、楽しそうに会話をしてくれる女性に対して、「もしかしたら俺に気があるんじゃないか?」と勘違いしてしまい、早とちりして女性に好意丸出しで口説いたり、デートへ誘ったりしてしまいます。

 

告白しても「いい友達でいましょう」「友達としてはいい人なんだけど・・・」「いや、そんなつもりはないんだけど・・・」「男として見れない」などという断り文句で振られるパターンは、この段階で勘違いしてしまった結果です。

 

まだ脈なしの段階で焦ったり、間違ったアプローチをしてしまうと、女性からすぐ距離を置かれて引かれてしまいます。【まだあなたに好意があるわけではない】という意識を決して忘れないでください。

 

女性との接点を維持する

 

あなたがまだ好きな女性から好かれていいない状態から、惚れられるまでには、ステップ1の第一印象に依存しない女性から好かれる会話をする必要があります。

 

なぜこのような会話をしていかなければならないかというと、好かれていない状態から逆転して、女性から惚れられるには、それなりの時間や期間が必要になるからです。

 

第一印象で好印象を与えることが出来ないわけですから、あなたの性格やぱっと見では伝わりづらい魅力などを知ってもらうには、時間をかけてアピールしなければなりません。

 

そのためには、女性と接する機会をたくさん作っていかなければなりません。狙っている女性と接点がなくなってしまうと、会話することも会うこともできなくなってしまいます。

 

そうなると、せっかくもっているあなたの魅力をアピールすらさせてもらえなくなるわけです。好きな女性との恋愛が絶望的になってしまうほとんどは【連絡がとれなくなっている】ということが原因なのです。

 

好きな女性に振られてしまったり、惚れてもらうことができないのは、継続的に連絡をとれるような関係性を築くことができなかっただけなのです。

 

この好きな女性との接点を維持することを意識していないと、いつまでも好かれていない状態から逆転することはできないです。好きな女性に惚れてもらうために、もっとも重要なことは、なんとしてでも接点を維持することです。

 

ステップ1の第一印象に依存しない女性から好かれる会話をするためにも、男友達の中の一人であろうが、単なる知り合いの一人であろうが、好きな女性と話せる関係を維持することが必須事項となるのです。

 

好かれていない状態から逆転して、好きな女性に惚れられるために、まず集中すべきことは、女性との接点が切れないように維持することなのです。

 

女性から減点されるようなことをしない

 

女性から減点されるようなことをしないというのも、必須事項となります。もうここまでくれば、おわかりだと思いますが、女性から減点されるようなことをすると、嫌われてしまい、接点がとれなくなるからです。

 

では、女性から減点されるようなことには、どのようなことがあるのか?その女性の性格やタイプによっていろいろありますが、まずは、キモイと思われる男にならないよう、最低限の身だしなみは整えておかねばなりません。

 

詳しくはコチラをご覧ください⇒好きな人へ猛アタックする前に!第一印象を劇的に変える方法

 

そして、身だしなみなどを含めた、女性に嫌われないような、最低限の第一印象を整えることができたあとに意識することは、押し売りをする営業マンになってはならないということです。

 

どういうことかというと、好かれていないない状態で「好きでもない男から、好きだ!付き合ってくれ!」というのは、押し売りの営業マンのように「欲しくもない商品を買ってくれ、買ってくれ」と言われているのと同じなのです。

 

欲しくもない商品を押し売りする営業マンのことを好意的に思う人はいないでしょう。恋愛ではあなた自身が商品になります。女性があなたという商品を欲しいかどうか?

 

まだ、あなたという商品を欲しいと思っていないタイミングで、ガンガン押しまくって売りつけてくるようなことをすれば、買う気だったものすら、買う気が失せてしまうことと同じことが起こります。

 

そういう状況になってしまうと、女性はうっとしい、めんどくさい、怖いなど、ストレスから逃げるために、しつこく押し売りしてくるあなたとの接点を完全シャットアウトし、もう接点がとれなくなってしまうのです。

 

女性が本能レベルで好意を持ってしまうようなアプローチをする

 

女性にも男性にも本能レベルで好意を持ってしまうような、恋愛のアプローチが存在します。たとえば、ボディタッチされたり、いい匂いのする香水やシャンプーなどで、ドキッとした経験はありませんか?

 

このようなアプローチは、本能的に異性を感じてしまうので、理屈で説明できるようなものではありません。恋愛というのは、感情なのです。本能的に異性としての魅力を感じてしまうと、抗うことはできないのです。

 

そこで、最後のステップとして、好きな女性をゲットするためにとどめを刺すのが、恋愛感情を刺激するアプローチなのです。この恋愛感情を刺激されることにより、惚れてしまうのです。

 

では、どうやって恋愛感情を刺激していけばいいのか?その答えは簡単です。感情が揺れ動くことをしていけばいいだけなのです。このアプローチをするための準備段階として、ステップ3までが必要なのです。

 

感情というぐらいですから、喜怒哀楽があるのです。恋愛感情を刺激していくには、この喜怒哀楽4つの感情を引き出していかねばなりません。

 

ですから、喜びの感情や楽しい感情など、プラスの感情だけでなく、哀しみや怒りなどのマイナスの感情を引き出すことが必要なときもあるのです。

 

女性にマイナスの感情を引き出すような行為を行えば、普通は嫌われてしまいます。でも、人間というのは、同じことをしていても、許せる人と許せない人がいるのです。

 

たとえば、「好きだよ」というメッセージでLINEを女性に送ったとしましょう。この「好きだよ」というメッセージだけでも、好かれる人と嫌われる人がいます。

 

もともと第一印象で好意を持たれている男が、「好きだよ」とLINEでメッセージを送ると、それだけで女性は喜び、さらにその男のことを好きになっていくでしょう。

 

逆に、第一印象で好かれていない状態の男が、いきなり「好きだよ」とLINEでメッセージを送ってしまうと「キモイ」「いきなり何?重いんだけど・・・」と嫌われたり、引かれてしまいます。

 

また、「好きだよ」とメッセージを送った途端に満足して、恋愛感情が冷めてしまう女性もいれば、「お前なんて嫌いだ」というメッセージで、逆に気になって好きになってしまう女性もいるのです。

 

最初は恋愛対象外だった男から、毎日のように連絡されても、振り向かなかった女性が、いきなり何日も連絡がなくなった途端、不安になってしまい、恋愛感情を刺激される女性もいます。

 

DVで被害に合う女性は、暴力や暴言などで、マイナスの感情を刺激されてから、急に優しくされてプラスの感情で大きなギャップを感じ、離れられなくなるのです。

 

特にマイナスの感情からプラスの感情になるときは、良い意味でプラスのギャップでインパクトがあり、感情の揺れ幅が大きければ大きいほど、惚れてしまいやすい傾向にあります。

 

あなたが女性にどういう風に思われているのか?で女性の感情は変わり、また女性のタイプによって価値観が違い、プラスの感情ではなく、マイナスの感情を刺激されて好意を持つようになる女性もいるのです。

 

このように、喜怒哀楽の感情を刺激するには、ある程度リスクが伴うので、いきなり感情を刺激するような間違ったアプローチをしてしまうと、嫌われて接点を断たれてしまいかねません。

 

そうならないように、ある程度女性と仲良くなって、信頼関係を築いておく必要があるのです。その戦略として有効なのが、接点を維持するなどのステップがアプローチとして必要というわけなのです。

 

好かれていない状態でも女性を楽しませる会話とは?

 

好きな女性に片思い中で、好かれていない状態でも女性を楽しませる会話とは、あなたとの会話じゃなくても盛り上がる話題で会話することです。すなわち、誰とでも楽しめる話題で会話するということなのです。

 

では、あなたが女性に好かれていない状態でも、女性が誰とでも楽しめる話題とは、どのような話題があるのでしょうか?

 

女性が誰とでも盛り上がれる話題とは?

 

女性が誰とでも楽しんで盛り上がれる話題というのが存在します。その話題というのが、恋愛、女性の友達、女性が飼っているペット、そしてその女性自身の話題などです。

 

たとえば彼氏がすでにいる女性の場合、彼氏との馴れ初めや近況を聞くというのがよいです。モテないほとんどの男が、好きな女性に「彼氏がいます」と言われると、すぐに諦めてしまいます。

 

ですが、ここですぐに諦めてしまうと、他のモテない男と同じになってしまいます。片思いから逆転するには、こういうポイントで他のモテない男と差を付けなければなりません。

 

「彼氏がいます」と言われたときに、ちゃんと彼氏の話題を提供してあげられるかどうかで、「この男は他の男とは違う」という印象を与えることができます。

 

彼氏とどんな風に出会って、どんな風に恋が始まって、どんなことでケンカして、どんな時に彼氏のことを好きだと思うのか?こういう話題をしてあげられるかどうかです。

 

彼氏の話題というのは、あなたが好きな女性から好かれていなくても、女性からすると、つい話をしてしまいたくなる、聞いて欲しくなる、夢中になって会話してしまう話題なのです。

 

なぜ彼氏の話題で夢中になってしまうのかというと、ちゃんと理由があります。その理由とは、人間が夢中になってしまう話題というのは、自分が興味のある喜怒哀楽の絡んだ話題だからです。

 

ですから、天気の話題やおいしい御飯屋さんの話題では、女性が思わず夢中になってしゃべってしまう話題とはなりにくいのです。もちろん、そのような話題が好きな女性もいます。

 

気象予報士並みにお天気マニアな女性だったり、美味しい御飯屋さんに行くことが大好きで、趣味やライフワークのの一つであるので、そういう場合は話題としてはアリです。

 

「今日の天気予報で出てたお天気キャスター、ダメだわ。私ならもっとわかりやすく、おもしろく伝えられるのに!あんなのがお天気キャスターで人気あるなんて、なんか腹立つわ!私のほうが詳しいのに(笑)」

 

「この前行ったイタリアンで有名なお店で食べたパスタが、すごく美味しくて超感動しちゃった!パスタのソースが普通は○○で◆◆なんだけど、このお店のパスタソースは▲△なの!すごくない!?こんなパスタが世の中にあっただなんて。やっぱグルメの名店巡りはやめられない!」

 

などのように、女性がものすごく興味のあることで、喜怒哀楽の感情が絡んでいるような話題で、あなたも興味があって共感できたり、教えてもらうという姿勢で会話すれば、女性に好印象を与えることができるでしょう。

 

ですが、そのような話題で無我夢中になって盛り上がる女性は少ないです。そもそも無我夢中になれる趣味を持っている女性というのはけっこう少ないんです。

 

そのようなレアなケースをのぞけば、彼氏がいる女性にとって「彼氏の話題」は、かなり関心が高くて、喜怒哀楽の感情が絡む話題の宝庫ともいえる確率が高いのです。

 

「この前、彼氏とのデートで待ち合わせしてたんだけど、彼氏が遅刻してきて!せっかく予約してたお店をキャンセルすることになっちゃって最悪!だいたいいつも遅刻してきて腹立つ!その前は○○のことでケンカになって・・・」

 

先週私の誕生日だったんだけど、彼氏が○○のプレゼントをしてくれたの!だいぶ前に私が○○が欲しいって言ってたみたいだったんだけど、私はそんなことすっかり忘れてて・・・でも、彼氏がそれを覚えててくれてみたいで、サプライズでプレゼントしてくれたの!もうホント嬉しかったよ〜(笑)

 

などなど、彼氏という存在は、その女性にとっては特別な存在なわけですから、とても興味関心が高く、喜怒哀楽という感情が絡む話題が自然と多くなります。

 

でも、このような段階で、あなたが口説こうとしている女性の彼氏の話なんか聞いてしまったら、あとあと口説きにくいのではないか?と不安になるかもしれません。

 

確かに普通の口説き方をしてしまうと、不利になってしまいます。私自身も失敗してしまった経験があります。大好きな女性を他の男に取られてしまい、とても辛い思いをしたこともあります。

 

ですが、4番目のステップである【女性が本能レベルで好意を持ってしまうようなアプローチをする】を実行することにより、まったく問題なく狙った女性をゲットできるようになりました。

 

第一印象で好印象を与えることができていない、まだ好かれていない状態の場合、とにかく女性との関係が切れてしまわないようにすることが、もっとも重要な戦略なのです。

 

そのためには、女性が興味ある関心の強い、喜怒哀楽が絡む話題を女性に振っていくことです。ちなみに男性に話題を提供する場合、昔流行ったゲームや遊びの話題がよいです。

 

これも男性が興味関心が高く、喜怒哀楽が絡む話題だからです。男性が子供時代に興味関心があって、ハマっていたことって、ゲームなどの遊び関連、アニメであることが多いのです。

 

男女関係なく人というのは、その人が楽しめる話題で会話してくれた相手を好意的にみてくれるのです。しかし、女性が男性と違って厄介なのが、男性のゲームなどのように、無我夢中になれるものが、男性と比べて圧倒的に少ないのです。

 

女性というのは、無我夢中になってしまうようなレベルの趣味などがなかったりすることが、少なくありません。じゃあ、女性が世の中の全てのことに対して無関心かというと、そうではありません。

 

では、女性が関心を持っているものといえば、一体何なのか?というと、それが恋愛、女性の友達、女性が飼っているペット、そしてその女性自身の話題なのです。

 

また、その女性の過去の話も有効です。なぜなら、過去の話で覚えているような話題というのは、喜怒哀楽の感情が絡んでいることが多いのです。感情が絡んでいるから印象に残っているのです。

 

他にもまだまだあるのですが、とにかく女性の感情が動くような話題というのは、誰と会話をしていても盛り上がりやすい話題ということなのです。

 

そして、女性がもっとも関心のある話題というのは、その女性自身に関する話題です。人間がもっとも関心があるのは、自分自身であることを忘れてはいけません。

 

たとえば「そういえば、A子って芸能人の○○に似てるよね!」とか、「最初A子って清楚で真面目に見えたけど、実はぜんぜん違うよね(笑)」などのような、その女性自身の印象に関する話題です。

 

女性自身の印象に関する話題は、本当に関心が高く、食いつき具合や女性の反応もぜんぜん違います。また、女性の友達の話題も関心が高いです。

 

特に女性の友達や知り合いの噂話系への食いつきはよく、おもしろいぐらい興味津々で会話してくることが多いです。存分に話をさせてあげて盛り上がりましょう。

 

また、その女性の友達や知り合いの名前を言ってもらって覚えておくと、さらに効果的です。友達や知り合いの名前を言ってもらうことで、話が早く伝わるので、あなたと会話をすることにストレスがないと感じるようになります。

 

名前を聞いておかないと、その話題の登場人物のことをいちいち説明しないといけなくなるので、会話するたびに説明が必要になり、めんどくさいのです。

 

名前を聞いておくだけで、テンポよくあなたと会話しやすいですし、友達の名前を覚えておいてあげるだけで、「この男は私のことをすごくよくわかってくれている」と感じてくれます。

 

見せかけだけの聞き上手な演出や共感ばかりして会話するより、よほど効果的に好印象を女性へ与えることができます。

 

好かれていない状態から口説き落とした逆転体験談

 

私はこの4つのステップを意識できるようになって、好かれていない状態から逆転して、狙った女性を惚れさせることができるようになりました。その体験談の中の一つをご紹介しておきます。

 

以前に、20歳以上も年齢の離れた、職場で1番人気だった女性と、さらに2番目に人気だったバイトの女子大生と一気に2人ゲットしたことがあります。もちろん、今でも付き合っています。

 

この2人は男性陣から難攻不落と言われていて、何人もの男性たちがアタックしては撃沈していきました。この2人からすると、私は親と同じぐらい年齢の離れた男です。

 

同じ職場ですから、そもそも接触頻度は多く有利なのですが、かなりの年齢差がありますから、出会ったときというのは、恋愛対象外でした。付き合うなんて論外です(笑)

 

とはいえ、同じ職場同士ですから、誘えば食事ぐらい付き合ってくれたのですが、年の離れた恋愛対象外のおっさんと何度も食事に付き合うほど、彼女たちも暇ではありません。

 

同年代のイケメン男性や女友達と遊んでいるほうが楽しいに決まっています。何度も誘われるのがイヤだと、上司や周囲の先輩に相談していたようです。LINEもやっていたのですが、仕事以外の内容では、返信なんかしてくれませんでした。

 

でも、逃げられると追いかけたくなるのが人情(笑)いい歳したおっさんが、うまくいかない恋愛に悩みまくって、いろいろな書籍や教材で恋愛のことを学びました。

 

人生で初めて恋愛について真剣に学んでみたのです。目からウロコな内容ばかりで、「こんな無知な状態で、これまで女性とよく付き合ってこられたなオレ・・・」と、ショックを受けたのを覚えています。

 

と同時に、今まで好きになってくれたり、付き合ってくれた彼女たちに感謝するようになりました。「こんなオレに我慢強く、付き合ってくれていたんやなぁ・・・」と、しみじみ思いましたよ(笑)

 

しかも、当時いい雰囲気になりかけていたにも関わらず、かなり苦戦を強いられたのが、やはり周囲の目。2人とも周囲の目をとても気にするタイプだったので、なかなか落ちませんでした。

 

そりゃそうですよね。あんなに何度も誘われ嫌がっていた、親ほど年齢の離れたおっさんと恋愛関係になるなんてこと、職場で噂されてしまった日には、お互いどんな目で見られてしまうか(笑)

 

それでも四苦八苦しながら、難攻不落の人気者2人をやっとの思いでゲット!もう、感無量でしたね。苦労の末、味わうことのできた肉体的な快感はもちろん最高でした!

 

ですが、それよりも精神的に満ち足りた充足感というか、心地よい達成感の方が大きかったです。実は、未練のある恋愛を何年も引きずっていた時期でもあったので、自尊心を失ってしまっていた時期でした。

 

年齢を重ねるほど不利になってしまう恋愛で、努力の末、自分の力で結果を出せたことは、大きな自信となりました。おかげで、恋愛以外でもうまくいくようになりました。不思議なものです。

 

このように好かれていない状態で、ライバルがとても多かった中でも、かなり年齢の離れたおっさんが、若くてかわいい2人の女性を一気にゲットできたのは、やはり4つのステップを意識したからなんです。

 

特に接点さえ維持し続けることさえ出来れば、かなり苦戦を強いられるような恋愛でも、あなたが諦めない限り、いくらでも逆転は可能なのです。

 

第一印象で好印象を与えることができなくても、女性から嫌われるようなことをせず、しっかりと女性と接点を維持することができれば、いくらでも惚れさせるチャンスはあるのです。

 

ただ、注意しておきたいポイントは、乙女心と秋の空と言われるぐらい、女性の心境というのは変わりやすいです。日替わりどころか、秒で変わるときも珍しくありません。

 

「なかなかその気になってくれないなぁ」なんて思っていたら、今なら押せばイケる!というタイミングが急に訪れたりします。感情次第で、女性は〇になったり×になったりします。

 

女性は感情で動く生き物です。女性がその気になっているときというのは、比較的わかりやすいです。そのタイミングがくるまで焦らず待つ余裕を持つことが、恋愛では成功の鍵になるのです。

ページの先頭へ戻る